【恵比寿~代官山~中目黒エリア】体質改善・痩身ならestheticAQUA(エステティックアクア)へ

今回はスタッフの選び方を月瀬ゆりの視点でご紹介します。

今アクアの施術者は3名います。
マネージャー:月瀬ゆり
店長:屋島まいこ
研修生:田中まゆ
の3名です。

月瀬ゆりは現在ご予約の予約枠をもって引退が決定しております。
月瀬ゆりは腎臓疾患をもっているため、体調によっては当日キャンセルをさせていただくこともありますので、ご理解いただける方のみご予約をお願いしております。

キャンセルの場合は基本的に他スタッフが代わりに施術するか、無料で日付変更かキャンセルが可能です。
料金がスタッフによって違いますので、前払いいただいている場合の差額は現金でその場でお返ししております。

 
今日お話ししたいのはまいこさんとまゆさんの違いについてです。

◯性格の違い

まずは担当者として相性が一番大事です。
信用できる人を選ぶべきというのが私の考えです。

私がスクール生からスタッフとして雇うのは身内とか仲がいいとか見た目とかマッサージのセンスがあるとか・・・そんなことは実は全く気にしません。
唯一みるのは性格です。

私たちエステティシャンの仕事は冷静に考えるととても変わっています。

「はじめまして」、の次にお客様の裸を直接全身触るというとても不思議な仕事。

実は、改めて不思議な仕事を自分はしているなと思ったのは、結婚もまだ考えていなかった今の夫と付き合い始めてすぐ、夫のお母さんがきてくださり、彼のお母さんにはじめまして、で全身マッサージしたときでした。

ですから、はじめまして。といったときに、この人には触られても大丈夫だなと思ってもらえるかどうかが大事だと思っています。
それはまいこさんもまゆさんも絶対に大丈夫という自信があります。彼女たちの性格の良さが見た目にも滲み出ているからです。

 
人の見方によってはこんなに若い子にわかってもらえるのかしら?と心配になる方もいらっしゃるかもしれませんが、10年施術してきた私に言わせれば、若くないと120分から150分ほどの施術を120%の力で1日3名も施術する体力はないです。

これもエステティシャン特有のマイナス的なところで、若いころは知識や経験が足りなくでも体力がある、年齢が高くなると経験値や知識は増えるのに体力がなくなる。
ボディ中心のアクアの技術は正直どんどん体力的に辛くなります。

私も始めて5年は1日8名、多いときは15名施術していましたが、現在1日3名おこなうと、スタッフが帰ってから数時間硬い床で深呼吸を繰り返して休まないと帰ることもできないほどです。
私は特別体悪いのもありますが、最近はまいこさんにもパワーが負けるほどになってきました。

 
 
経験がある私が10年かけて作った技術を、体力ある20代の2人がパワフルに施術することが私にとっては一番お客様に効果のあるのではと思っています。

 
話がいつもそれる私ですが、もう一回戻って性格について。

◯まいこさん
屋島

まいこさんは2人姉妹の妹ですが、本当にしっかりしています。
お店のかたづけやモノがどこにあるかはまいこさんがほとんど管理してくれています。

「人を嫌いにならない」というほど、人の悪口をいうことは4年ほど付き合いがありますが未だに一切ありません。
これは女性としても、人間としても本当に尊敬できます。

言葉だけではなく、どんなお客様にも公平に接することができます。
技術にはこれが『細かなシンプル施術』として反映されていますね。

やるべきことをしっかりやる!
体重もしっかりかけるし、辛そうなところはじっくりやる!
まいこさん自身が施術を受けるときは眠ることが多いので、

『お客様がリラックスできる状況をつくる』

というのが彼女のモットーです。

でも話さないのではないですよ!
お客様によっては最初から最後までおしゃべりする人も多いです。

悪口もいわない、人に偏見を持たない、まいこさんにどんなことも素直に話してみてはいかがですか?

 
◯まゆさん
田中

次はまゆさん。まゆさんは私の夫で会社の社長でもある田中勇太の妹です。
2人は兄弟で、まず言えるのが頭がいい。

資料を渡してお客様にわかりやすいポップやお知らせをお願いすると、白い紙にスルスルと下書きが始まり、聞いたことがないワードはササッと調べ、
最後に画用紙にスルスルと正書して完成。
しかもその間に内容が頭に入るような女の子。

でも月瀬にいわせると驚くほど男脳。
曲がった事は大嫌いだし、やると決めたことはやりきる。

まいこさんと比較すると、まいこさんは完全女脳。人を影から支えることが好きなタイプ。

まゆさんは実はグイグイ引っ張っていくようなズバッとはっきり言うタイプ。
男っぽいですがその中でもさわやか紳士タイプです。

 
お客様の体についても、まゆさんは技術も必ず理論的に頭にたたきこみ、それをお客様に当てはめ、筋肉ひとつひとつ理論にそった圧で施術します。

まいこさんは女脳の中でもお母さんタイプで複合的に読み取り、感覚的に体を変えていきます。

 
 
もしかしたら他のお店ではマニュアルで統一するのかもしれませんが、私はどちらの施術も大事だと思っているので、それを生かすために技術を教えるときもアドバイスするときも全く違う方法をとります。

例えば最近できた新技術。
まいこさんには私が触る方向の矢印を簡単な人形の絵に書き込んだものを中心に指導しました。

まゆさんには筋肉図に矢印を書いたものを中心として指導しました。

理由は女脳のまいこさんには詳しい筋肉図より感覚で体から読み取りながらの施術の方が得意だから。
男脳のまゆさんはきちんとした地図の上に理論を乗せ確実な方向などを頭脳で施術する方が得意だから。

もしかしたらですが、まいこさんの方が居心地がいい人は女っぽい友達が好きな人、
まゆさんの方が居心地がいい人男性的な友達が好きな人が多いのではないでしょうか?

2人がとても仲がいいのも、男脳女脳で分かれているからかもしれません。

ですから2人のお客様はみなさまほとんど40代。
15歳から20歳も年下なのに、お客様から信頼をもらえるほどの真面目さとピュアさが2人から伝わるからかなと思います。

 
まゆさんは遅くても来年3月には通常料金になります。
最後のフェイシャルの技術講習をもう一度しっかりおこなっているからです。

早ければ来年すぐには通常料金になるかもしれません

若いということで頼りないと思う方もいるかもしれませんが、2人に関してはスポンジのように吸収する頭と若い体力、
月瀬ゆりの厳しい指導に文句も言わずついてこれる根性が、同年代とは比べられないほどだと思います。

 
 
そうそう、みなさまに勘違いさせてしまったことをお詫びしたいのですが、
お腹専門とか脚専門は研究している箇所のことです。
必ず全身行いますし、私と同じ施術をします。

私の常連様はご存知だと思いますが、私は必ずその時々テーマをもって技術研究をしてきました。

もしかしたら月瀬ゆりが研究したくても私には関係ない、と思って私のお店を去ったお客様も多いかもしれませんが、
私は技術を覚えただけの人はプロでもなんでもないと思います。

身につけた技術をテーマを決め、採寸や後日の状態をお客様にヒアリングし、研究し発表できる人でないとプロにはなれないと思います。
そこで現在、彼女たちはテーマを決めて施術研究をしてもらっています。

 
テーマはお互い自分が気になるところにしてもらいました。
そうすることで、同じお客様でも担当者によって違う視点で施術してもらえ、いい効果を出せるからです。

まゆさんは平均3回で太もも5センチを減らします。
1回で減らしてもどるのではなく、ほぼキープさせそこから1センチ落とすなどのデータがしっかり取れています。

まいこさんはたるみの引き上げが得意で、お腹の張りや硬さを柔らかい健康なお腹にできているのはデータであがっています。

なぜか二の腕を1回で2センチほど細くできるデータもとれています。
おそらく背中の腕に関する筋肉を緩められている証拠でしょう。
研究テーマをしぼることでこうしたデーターをきちんと把握することができ、改善点もしぼってアドバイスができます。

こういう報告は今後も必ずしていきますので、成長やその時のテーマに合わせみなさまアクアのスタッフをいろいろ利用してくださいね。

 
月瀬ゆり

恵比寿で口コミ1位のリンパマッサージはestheticAQUA PAGETOP