【恵比寿~代官山~中目黒エリア】体質改善・痩身ならestheticAQUA(エステティックアクア)へ

多くの方にとって、便秘は当たり前の状態。

たいしたことのない状態かもしれませんが、便秘は万病のもとです。

人間の体に入った毒素の60~80%は便とともに排出されます。

尿からは20%、残り数%は、汗、爪、髪から出ていきます。

排便がないということは体から毒素が出ていかないということです

また口から入ったカビは有害な胃酸で殺されます。

しかし、胃薬を乱用しつづけていると、胃酸の分泌が正常に行われず、

細菌は胃を通りすぎ、腸で繁殖してしまいます。

つまり腸にカビが生えている状態です。

恐ろしいですよね。

この症状がひどくなると、

腸管壁に炎症が起きて、最近や毒素、未消化の植物が漏れ出します。

(最近日本人に増えていると言われている病気)

きちんと分解されない食物が腸壁から透過し、

慢性の食物アレルギーの原因となるのです。

こんな状態では、ビタミンやミネラルなどの副腎に必要な栄養素が適切に吸収されませんから、ますます副腎が疲れていきます。

腸内のカビは炭水化物が大好きなので、炭水化物やパン、麺類、ミルクティ―やチョコレートなどを食べていると、ますます腸の中のカビが繁殖してしまうのです。

チョコレートは多量に摂取すると

『疲労不調』がある方は症状を悪化させます。

『チョコレートが無償に食べたくなる』というとき、

チョコレートの中に豊富に含まれるマグネシウムを体が欲しているのです。

マグネシウムは女性ホルモンのひとつ、

プロゲステロン(黄体ホルモン)の生産とかかわっていて

、PMS(月経前症候群)を和らげる働きがあります。

もし月経前にPMSがツラくなり、

チョコレートをたくさんたべたくなるのであれば、

『疲労不調』が起こっているということなのです。

しかし、多くの方は便秘で不調なときや、

やる気ができないときに、

チョコに含まれるカフェインや

カフェインに似た物質のテオブロミンを摂取することで、

疲れた体を刺激して、気力を奮い立たせていたのですが、

カフェインの摂取は副腎を過剰に刺激してしまうため、

『疲労不調』をさらに悪化させるのです。

なんと、チョコレートがやめられない、

甘いものがやめられない理由が

精神的なストレスではあったものの、

それがストレスを解消するホルモンを出す副腎を

その場だけ元気にしてどうにかやりすごそうとするための

『過剰な栄養ドリンク』的なものだったとは知りませんでしたよね。

甘いものやカフェインはすぐに全部やめる必要はありません。

しかし、少しずつ減らしていきましょう。

グルテンという小麦などに含まれる成分の摂取をやめること

がとても大切です。

すぐにやめると、急にだるくなったりするので、

毎日甘いものを食べていた人は2日に1回に減らす、

コ―ヒ―を毎日3杯飲んでいた方は2杯に減らしてみましょう

また、冷え性の方には生姜紅茶がいいのですが、

『疲労不調』が考えられる方は

ノンカフェインの紅茶やハ―ブティ―がおすすめです。

すでにカフェイン入りを購入してある方は、

ノンカフェインも買って少しずつ切り替えるとちょうど良いでしょう♪

恵比寿で口コミ1位のリンパマッサージはestheticAQUA PAGETOP