【恵比寿~代官山~中目黒エリア】体質改善・痩身ならestheticAQUA(エステティックアクア)へ

『梅雨時期は体が辛いですね。』

体の弱いお客様と梅雨時期はいつも同じセリフを口にします。

ではなぜ晴れている日と雨の日は体の状態が違うのでしょうか?

今日は梅雨についてお話したいと思います。

☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡

晴れの日に元気な気がするのは

高気圧の日が多いためです。

高気圧とは、簡単に言うと空気がたくさんある状態なので、

酸素の量も多いのです。
酸素がたくさんあると、

体を動かすエネルギーが多いので、

興奮させる“交感神経”が優位になります。
だから晴れの日は元気に動けるのですね!

☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡

反対に、梅雨時期は低気圧の日が多いですよね。

低気圧では
空気中の酸素が少ないため、

体にもエネルギーが少なくなり

体に不調が出やすくなります。

“副交感神経”が優位になり、

やる気がでなかったり、

呼吸や脈がゆるやかになり、

体調に変化が出やすいのです。

また、気圧が下がると体内のヒスタミンが増えます。

☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡

【ヒスタミンとは】

ヒスタミンは、

免疫系からの命令を、

伝達する物質のひとつです。

アレルゲン(アレルギー症状を引き起こす原因)が

体の内に入ると、

細胞を通過して免疫系に働きかけ、

非常に微小の分子となり放出されていきます。

この状態では、過剰にヒスタミンが放出されているということになります。

この時に、アレルギ―反応として

くしゃみ、アレルギー性鼻炎、花粉症、アトピー性皮膚炎

などが起こっているのです。

ヒスタミンは、活性アミンの一種で、

普段ヒスタミンは細胞内にきちんと収まっているので、

体内にはヒスタミンがあることは問題ではありません。

しかし、

気分

周囲の環境で起きる温度差

光・音に対して

刺激を受けることで、

細胞の外に放出されてしまい、

一定のレベルを超えて過剰に放出されると、

いろいろ症状が出てきます。

●血圧低下

ヒスタミンには血管を拡張させる作用があります。
血管が拡張すると、血圧が下がります。

●むくみ悪化

ヒスタミンには血管から水などを周辺に滲出させてしまう作用があります。

滲出が多くなると、余分な水分などが溜まってしまい、むくみが発症します。

また、血液が漏れることでも血圧が急低下し、

身体がバランスを取ろうとした結果、

身体の各部が大気を押し返そうとします。

この時、ひとつひとつの細胞が膨張ぎみになってしまいます。

●痛み増加

細胞が膨張することで、

神経と周囲の器官が触れやすくなるため、

痛みに過敏になると考えられています。

また、血行不良とむくみも手伝って疲労物質が溜まり、

体液のカルシウムイオンが薄まって筋肉や神経が過敏になることでも、

痛みが増してしまいます。

●パニック状態

低気圧で酸素分圧が低いため、

副交感神経が優位になるのですが、

ヒスタミンの作用で交感神経へ逆の指令が出てしまい、

自律神経失調状態(パニック状態)になります。

☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡

【梅雨時期の対処法】

1.マッサージを受ける

特に背中の自律神経を落ち着かせる背中のドレナージュが含まれているものがおすすめです。

またむくみも多いですので、7月のミネラリアもかなりおすすめです。

2.入浴する

7月の無料特典でもついてくる、バスソルトをしっかり指導された分、

指導された方法で入ってみてくださいね。

家にバスソルトがある方も容量・用法を守るとより効果が高いですよ♪

20分程度の38~40度の半身浴がこの時期はおすすめです。

20代のお客様はあまり感じないかもしれませんが、

ほとんどのお客様が30代以降は梅雨時期の体調の変化を感じています。

日々のエステと小さな努力で、天候に左右されない、

環境に適応できる体を日々作りましょう。

恵比寿で口コミ1位のリンパマッサージはestheticAQUA PAGETOP