【恵比寿~代官山~中目黒エリア】体質改善・痩身ならestheticAQUA(エステティックアクア)へ

夏の入浴で最も気をつけなくてはいけないのは、熱い温度に少しだけ入る入浴です。

汗をかいて体が疲れやすくなっているときに熱いお風呂に入ることは、
実はそれだけで負担になります。
そもそも、なぜお風呂に入る必要があるのでしょうか?

 
理由は筋肉の緊張をとり、
深部の冷えを解消し、
自律神経を安定させ、質の良い眠りを起こしやすくするためなのです。

シャワーではできないことなのです。
首や肩凝りがある人はあえて全身浴をしましょう。
実際につらい場所を温めることで血流がよくなります。

これでもよくならない人はストレートネックの可能性がありますので
普段から5センチ顎を引いて、肩なども後ろに引いて生活をした上で全身浴を試してください。
 
深部の冷えをとるには、ぬるめのお湯に20分ほどつかるのが良いでしょう。
そしてお風呂からあがったら間接照明にし、ゆっくりバスローブに包まれながら保湿などの美容タイムにしましょう。
テレビや携帯は見ないことが重要です。

バスローブで過ごすことで一気に体温を下げず体を質の良い睡眠に導き、
冷えを起こさないようにできます。
最後に入浴で大きい効果の一つに心理的効果があります。

 
心理的ストレスがあったときは
お湯につかることでストレスが大幅に軽減することがわかっています。
ぜひこれを機会に湯ぶねには絶対につかる習慣をつけてみてください。

 
おまけですが、夜に湯ぶねにつかり、体や頭をしっかり洗い、
朝はシャワーで軽く汗を流すだけにすると、目覚めもよく、頭皮にも優しいそうです。
シャンプーのし過ぎは女性も薄毛の原因になりますので洗うのは夜だけにしましょう。

月瀬ゆり

恵比寿で口コミ1位のリンパマッサージはestheticAQUA PAGETOP